MENU

3/23 変形性腰痛症・腰椎すべり症・腰椎ヘルニアの症例

2021年3月23日

H・N様 68歳 男性 富山県

20年以上前から腰痛で悩んでいました。
建築業なので職業病と思い、ずっと付き合っていかなければならないと思っていました。
昨年の9月から症状が重症化し、仕事を休み痛みで寝たきりの状態でした。
痺れが酷く、階段は特に下りの時に感覚がなくなることがありました。
立ったままじっとしていることができず、いつも横になっていました。

腰痛が出始めた最初の頃は、整体外科でレントゲンを撮ってもらい腰の骨の変形を指摘されました。
変形性腰痛症・すべり症・ヘルニアと診断されましたが、整形外科へ通院するも一向に改善しないので薬とシップで凌いでいました。

痛みが我慢できず知人の紹介でこちらを訪れました。
初回の施術で痛みが10分の2くらいに減って、びっくりしました。
今日で7回目の施術ですが、月1回のペースで通院して充分保持できますので、とても助かっています。姿勢もよくなり、若々しくなりました。
痺れはまだ多少あり、立ったままの姿勢もまだつらい時があります。しかし毎回改善している感じがあるので、希望があります。

昨年の秋のような痛みがなくなり、先生は神様のように思っています。
有難いです。月に1回で改善していることも通院しやすく助かります。
今後も通院し治したいと思っています。
腰痛の仕事仲間がたくさんいるので、紹介しています。


最新記事

カテゴリー

アーカイブ

2021


© 2021 東京銀座の整体院「瀬賀カイロプラクティックセンター」 All rights reserved.