MENU

4/7 パニック障害・顎関節症の症例

2021年4月7日

K・I様 56歳 女性 東京都

15年前パニック障害発症 腰痛、肩こり、首こり、めまい、頭痛、睡眠障害、顎関節症
・整形外科でストレートネック、脊髄湾曲症と診断
・心療内科でパニック障害、不安症と診断
・心療内科で抗不安薬、睡眠導入剤の投薬
・整形外科でブロック注射、電気治療、マッサージ、リハビリ、痛み止め投薬(15年)

一回目に施術で心身ともにすっきりして、二回目の施術で顎関節の改善を実感し、口が大きく開くようになりました。
施術後は清々しく前向きな気持ちになります。
施術した翌日は目覚めが良く、身体も軽くて動きやすいです。

◎一回目の施術した帰りに、15年ぶりに銀座を歩き、デパートへ入り買い物ができました。
少しずつですが、できることが増える自分が嬉しいです。 (パニック障害になってから外出障害になり、普通の何でもないことができませんでした)
15年苦しかったことが、2回の施術で心身ともに安定していく実感がありました。
抗不安薬を減薬しながら、過ごせるようになりました。(発作も減りました)
まだ3回目で体調に波がありますが、あきらめずに完治を目指して治療を続けていきます。


最新記事

カテゴリー

アーカイブ

2021


© 2021 東京銀座の整体院「瀬賀カイロプラクティックセンター」 All rights reserved.