MENU

5/13 パニック障害の症例

2019年5月13日

 

パニック障害の症例 40代男性

 

発症▶1年前電車に乗っている時、突然の不安感とともに動悸と過呼吸に襲われ病院に搬送された。

 

既往▶時々、頭痛とめまいがあったが、いたって健常であった。内科では自律神経失調症過呼吸症候群と診断され、薬を処方され1週間程で症状は軽減したが、不安感と胸の苦しさが残り心療内科を受診。

パニック障害と診断され、薬を服用するも症状は治まらず、一月後、鍼灸院にて5回の施術を受け改善しないのでカイロプラクティック院にも通院しながら半年が経過し、症状が強くなる傾向にあった為当院を受診。1回目の治療で呼吸が楽になり、めまいと動悸が軽減した。

3か月後の4月26日現在、動悸はたまに出る程度に軽減。不安感もなくなり通常の生活が容易である。めまいはほとんどなくなった。


最新記事

カテゴリー

アーカイブ

2019


© 2019 東京銀座の整体院「瀬賀カイロプラクティックセンター」 All rights reserved.