顎関節症

顎関節症が、他の治療で改善しなかった人の為の専門院
骨格系と神経系のプロフェッショナルが施術します

当院は、2009年に創始者であるDr. Roy W. Sweatの研究機関に認定された「アトラスオーソゴナルカイロプラクティックリサーチ協会」会長の施術院です。

アトラスオーソゴナルカイロプラクティックは、合理的で優れた施術効果を約束します。

口を開けるとガクンと音がする・開け閉めの時に顎が痛む・口が開かない・顔が歪んでいる・首の痛みや肩こり・頭痛やめまいを伴う・身体の歪みが気になるといった慢性的な顎関節症を専門に効果を発揮します。

アトラスオーソゴナルカイロプラクティックは、頭蓋骨の形を変化させ、顎関節を動かします。
合理的な方法により、無理のない変化を促し、顎関節症や顔の歪みを抜本的に改善することを約束しています。

顎関節と頭蓋骨に関節している第一頚椎(アトラス)にアプローチする希少なテクニックで、施術効果を初回からご実感頂けます。

どのような施術をするのか

施術は、第一頚椎(アトラス)への一瞬の微調整で構造を正し、痛みや違和感を与えません。

頭を横向きにし専用のヘッドピースに乗せ、第一頚椎(アトラス)に微振動を与え第一頚椎(アトラス)と頭蓋骨の間に生じた不整合を調整し正します。

アトラスオーソゴナルカイロプラクティックは、顎関節症に関与する頭蓋骨と下顎骨の変位を正すことを目的としています。

アトラスオーソゴナルのアジャストメントはその場限りでなく、永続的に効果を発揮します。

顎関節症を引き起こす「原因」である第一頚椎(アトラス)にアプローチする施術方法を用い、顎関節症を着実に改善し再発を予防することを可能にしています。

第一頚椎(アトラス)を施術する理由

人体の骨組み(構造)の「基準となる椎骨」は、第一頚椎(アトラス)であることは知られていません。

顎関節においても第一頚椎(アトラス)の支配を受ける関係性にあります。

アトラスオーソゴナルカイロプラクティックは、頚椎と頭蓋骨そして下顎骨の正常な関係性を再構築します。

慢性した顎関節症や急性の顎関節痛などにおいても、思ったより簡単に改善することがほとんどです。

当院では、顎関節症を作り出した「原因」を第一頚椎(アトラス)に見出し、アトラスオーソゴナルテクニックを用い無理な矯正を加えることなく根本的な改善を目指し、これまで数多くの支持を頂いております。

有効で正確な施術をする為に

施術は、正確であることが要求されます。

毎回の施術時にはTytronC5000検査器を使用し、施術前と施術後の神経の科学的変化を測定し、アジャストメントが有効であったかを確認しながら施術を進めます。

骨組みが正しく再構築され、生態力学的に正しく構造を変化させて、機能の回復を促すことが施術の目的です。

頚椎の画像データをご持参いただければ、ご自分の骨格構造のどこに問題があるのかを説明させて頂きます。 

従来のカイロプラクティックとは全く異なる専門技術を提供しています。

顎関節症で、瀬賀カイロプラクティックセンターが選ばれる理由

1.病院や他院で治らなかった症状を改善できるから
2.ボキボキせずに痛みを伴わず安全に施術できるから
3.臨床経験と知識が豊富で信頼できる施術院だから
4.施術前と施術後を神経検査機により明瞭に確認できるから
5.ありがちな詭弁や嘘のない誠実な施術院だから
(※以上は患者様から当院を選ばれた理由をお聞きしたものです。)

「高い技術力と芸術性で期待を裏切らない」が当院のポリシーです

ごあいさつ

病院や、一般的な整体やカイロプラクティックでは改善しなかった症状をお持ちの方のお役に立てるかもしれません。

当院のアトラスオーソゴナルカイロプラクティックは、従来とは違う施術効果を約束しています。

第一頚椎(アトラス)は人体の「要」となる椎骨だからで、骨格と神経に重要な影響を及ぼします。

施術時の痛みはほとんどなく、おだやかに改善を促します。

アジャストメントはその場限りでなく、永続的なものでなければなりません。

諦めていた方の具合が良くなり、健康で楽しい生活に戻れることは、私の最大の喜びです。

全国から当院にご来院いただき誠にありがとうございます。

信頼できる知識と専門技術を提供してまいります。

プロフィール

院長: 瀬賀一(せがはじめ)

Global Atlas Orthogonist(称号)

1991年

東京都新宿区早稲田にて最初の施術院を開院

1999 年

JUCCA(日本上部頚椎カイロプラクティックアカデミー)を開校し、アトラスオーソゴナルカイロプラクティックの普及を開始する

2000年

アトラスオーソゴナルインターナショナルディレクトリー

2001年

韓国上部頚椎カイロプラクティック協会顧問

2001年

アトラスオーソゴナルと顎関節について研究をまとめ歯科医師が日本咬合学会に論文発表する

2002年

韓国 朝鮮理工大学委嘱教授(2年間)

2008年

グローバルアトラスオーソゴニスト称号

2008年から6年間

アメリカのアトラスオーソゴナル学会にてトータル360分の臨床研究をプレゼンテーション

2009年

AOCRA(アトラスオーソゴナルカイロプラクティックリサーチ協会)会長
※Dr.Roy Sweatが自身の研究機関SWEAT INSTITUTEに所属する公認協会として発足し、現在に至る

2012年

Dr.Sweatより感謝状を授かる

2013年

第12回脳脊髄液減少症研究会(脳外科学会)にて、臨床例とその有効性を「むち打ち症を起因とする脳脊髄液減少症患者におけるアトラスオーソゴナルカイロプラクティックの有効性」を発表

現在

脳脊髄液減少症、子宮頚がんワクチン副反応・脳神経を起因とする難治性の高い患者様の施術に携わる

診療カレンダー

※営業日以外でもお電話は繋がっております。WEB予約で×の時間帯でも、お入り頂ける場合がありますのでご遠慮なくお電話下さい。

※予約のキャンセルは、必ずご連絡ください。キャンセル待ちの患者様のために必ずご連絡をお願いいたします。無断でのキャンセルの場合は、キャンセル料が発生する場合がございますのでご注意ください。

CONTACT / RESERVE

お問い合わせ・ご予約


電話予約受付 10:00~20:00

〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目11-7
第2上原ビル2F

【営業時間】
午前10:00~14:00
午後17:40~19:40
(土曜日は午前のみ)

画像による検証

以下の画像データは当院の施術における、実際の施術前・施術後の画像です。

↑ 施術後(右)では、閉口時に顎の中心が変化している。(初回時の施術)

↑ 施術後(右)では、開口時に顎の中心が変化している。(初回の施術)

↑ 施術後(右)では、第一頚椎と下顎骨が水平垂直な位置に変化している。

↑ 施術後(右)では、第二頚椎と下顎骨は水平垂直に変化している。

専門的な説明

顎関節の正しい位置は、頭蓋骨の正中線上に中心がある時で、この時に第一頚椎と第二頚椎はニュートラルな位置になければならない。頭蓋骨と第一頚椎・第二頚椎が直交(オーソゴナル)している時、左右の顎位は正しいといえる。
下顎骨は頭蓋骨の正中線上の中心にこなければならず、頭蓋骨の正中線上に下顎骨の中心がある時、両側の顎関節は正常な位置を示している。
左図では、下顎骨が左に後方変位しながら左に側方変位している。これは頭蓋骨が左に回旋変位しているからで、変位方向に下顎骨が移動しているのである。
右図は、第一頚椎にアプローチし頭蓋骨・第一頚椎・第二頚椎をニュートラルな状態に戻すことで、下顎骨を正常な位置に戻すことができている。
下顎骨が頭蓋骨の正中にない時、大後頭孔と第一頚椎・第二頚椎の脊柱管は正常な位置にないことを意味していて、脊髄や脳幹に神経干渉を与えている場合が多い。
顎関節症の患者様に頭痛やめまいなどの自律神経症状を訴えることが多いのはこの為である。
大後頭孔・第一頚椎・第二頚椎の脊柱管は、人体の健康に大きな影響を及ぼすので、神経干渉のないニュートラルな状態になければならない。
当院の施術は、乳様突起を固定し専門的に第一頚椎にアプローチして大後頭孔・第一頚椎・第二頚椎の脊柱管の関係性を正すものである。
結果として、左右の顎関節を正しい位置に変化させることができる。

「もっと知りたい」施術について

Atlas Orthogonal Chiropractic”の施術について

アトラスオーソゴナルカイロプラクティックは、上部頚椎においてスリーリングを水平垂直に整えることを目的としています。

スリーリングとは、頭蓋骨の大後頭孔、第一頚椎(アトラス)の孔と第二頚椎の孔を指します。

第一頚椎(アトラス)の孔に対して頭蓋骨の孔が水平垂直であり、第一頚椎(アトラス)に対して第二頚椎の孔が水平垂直であれば人体の構造は正しい配列を保つことが出来、神経組織の機能は阻害されません。

アトラスオーソゴナルカイロプラクティックの目的は、水平な第一頚椎(アトラス)に対し頭蓋骨が垂直で第二頚椎以下の脊柱が垂直である状態をいいます。

この時、スリーリングは水平垂直でバランスの取れた状態が保たれ神経は人体を健康に保つ為、その機能を遺憾なく発揮出来るのです。

施術の為の検査

当院は、科学的で生体力学的な機能学上の信頼のおける検査法を用います。

頭蓋骨、第一頚椎(アトラス)、第二頚椎について生体力学的な要素を踏まえ、それぞれの関節機能の損失を実際の椎骨の動きと共に検出し、スリーリングの異常を確認します。

頭蓋骨、第一頚椎(アトラス)、第二頚椎の関節機能学上の失われた運動性はそのままスリーリングのミスアライメントを意味していて、神経組織への干渉として表れます。

立位・座位における椎骨の触診検査は生体力学上、大変重要なのです。

また、場合によってはレントゲンやMRI・CTと言った画像による病理における変化を施術前・施術後で比較し、アトラスオーソゴナルの有効性を確認することが重要です。

C5000による施術前・施術後の検査で毎回の施術を評価する

上部頚椎の施術における検査は、TytronC5000を使用し施術前・施術後の変化を確認することが必須となります。

TytronC5000はアメリカの上部頚椎を扱うカイロプラクターが最も多く使用する信頼のおける検査器です。

また、カイロプラクティックの創始者であるB.J.パーマー以来、揺るがぬ指標としてきた歴史があります。

C5000が施術後、グリーンのラインがブルーラインに限りなく近くストレートでなければなりません。

レントゲン上で施術後に変化が見られたとしてもC5000の施術後が上記のようでなければ信用の出来る結果とは言えません。

C5000のブルーライン上に施術後ストレートラインが立ち上がり左右の神経ラインがセンターにあればレントゲン上は常に正しい変化がもたらせたと言っても過言ではありません。

当院は、毎回の施術時に、神経における施術前・施術後の科学的変化を確認しながら施術が進みます。

TytronC5000による施術前・施術後の科学的変化の様子で、アジャストメントが貢献したかを確認することが重要となるのです。

当院の施術には裏付けがあります

アトラスオーソゴナルカイロプラクティックの有効性について

第一頚椎(アトラス)に対し、頭と頚を垂直にアジャストメントすることで、全身の骨格を構造的に正す事を目的として行われます。

そのことにより、全身の骨格の関節が正常な運動性を取り戻し、神経圧迫を取り除くことが出来ます。

骨組みのどこに問題が発生しても、全体の骨格が変化しない限り、本当の改善は望めません。

アトラスオーソゴナルカイロプラクティックは、Roy.W.Sweat D.C.により考案された、確かな機序に裏付けされた完成度の高いカイロプラクティックテクニックです。

頭の孔と第一頚椎・第二頚椎の孔は正しく配列しなければなりませんが、この上部頚椎にずれが生じると、様々な病理に発展する場合があります。

頚椎ヘルニアや頚椎脊柱管狭窄症などの頚椎の疾患から、腰椎ヘルニアや腰椎脊柱管狭窄症・腰椎すべり症などにとどまらず、重篤な神経症状を呈する場合が多くあります。

当院の多くの施術前、施術後の画像診断で明らかなように、修練された高い技術力をもってアトラスオーソゴナルカイロプラクティックを実践しています。

瀬賀カイロプラクティックセンターの選ばれる5つの理由

①痛くなくボキボキしない高度で安全な施術

当院では、アトラス(第一頚椎)の施術を用いアトラス(第一頚椎)に微振動を与えるだけで全身的に施術を行うことが可能です。パシンという1秒間で施術が行われます。熟練した技術と、研究を重ねた専門器具によりほとんど痛みを感じさせることなく施術が行われます。

当院の施術は、骨格の構造的な再構築を可能にしていますので、安定し逆戻りはありません。

②首、頚椎専門のカイロプラクティック

当院はアトラス(第一頚椎)一箇所のみを微調整する専門院です。第一頚椎に微振動を与え、頭の重心を正常な位置に変化させます。

骨格の基準となる第一頚椎を正しい位置に戻すことで、全身の骨格を構造的に変化させることができます。

施術は痛みをほとんど与えず神経圧迫を取り除きます。

③創業31年の実績

1991年の開院以来、延べ5万人以上の患者様に支持されスキルを磨いて参りました。

2008年から6年間アメリカにて臨床研究を発表するなど、日本のカイロプラクティックをリードしてまいりました。

整体院・カイロプラクティック業界が商業化して、施術効果や患者様本意とかけ離れていることが残念でなりません。

当院は、アトラスオーソゴナルカイロプラクティックの代表院として、研究を重ね進化を続けることをお約束いたします。

これからも、患者様第一を理念として、信頼される知識と専門技術を提供してまいります。

④難治と言われている様々な症状

当院は、難治と言われている様々な症状に悩まされている患者様から選ばれています。

自律神経失調症、頚椎ヘルニア、環軸関節亜脱臼、脊柱管狭窄症、頚椎捻挫、顎関節症、頭痛、めまい、腰椎ヘルニア、腰椎すべり症、股関節症、膝関節症などで諦めている方の為の施術院です。

この原因を、アトラス(第一頚椎)のズレに見い出し施術する専門院です。

アトラス(第一頚椎)の微調整により、人体の軸を変え脊髄脊柱の環境を整え、改善し解決するものです。

⑤子供からお年寄りまで受けられます

当院の施術は、アトラス(第1頚椎)に微振動を与える施術法です。振動の強さは生卵に振動を与えても壊れないほどわずかなものです。

背骨を曲げたり押したりせず、頭を台に乗せ、わずかな振動を与え施術が終了します。

ほとんど痛みを感じませんので乳児からご高齢の方まで安心してお受けいただけます。

病院に行ってもなかなか治らない。この症状ってどこに相談したらよいかわからない、といった方のお役に立ちたいと考えていますので、まずはお気軽にご相談いただければ幸いです。

他店(整体院・カイロプラクティック)との違い

敬愛するアトラスオーソゴナルカイロプラクティックの創始者Dr.Roy Sweat先生とクリニックにて。若き日より親交を深めて現在に至ります。

①根本的な原因にアプローチする施術法です

骨格における根本となる椎骨は第一頚椎(アトラス)です。

第一頚椎(アトラス)が要となって頭蓋骨の形を形成すると共に、脊柱の在り様を決定しています。

もし脊柱が曲がっていたなら、第一頚椎(アトラス)に何らかの不整合があると云えますし、頭蓋骨が左右対称ではなく歪んでいたなら、やはり第一頚椎(アトラス)にズレが生じていることを物語っています。

第一頚椎(アトラス)は正しい骨組みを決定する基準となる椎骨なのです。

脳と神経は、頭蓋骨と脊柱に保護され正しく格納されなければなりません。

正しい骨組みの中で脳と神経の働きが正常に発揮されることで、人体は健康を維持することができます。

脊柱のどこに歪みやズレがあっても、それを正そうとするなら第一頚椎(アトラス)を正しい位置に戻すことが不可欠となります。

つまり、背骨の曲がりや骨盤の歪みは結果であり、原因とはなりません。

全身の骨格を正そうとするなら、力学的代償で歪んだ骨盤や脊柱を矯正するのではなく、根本原因である第一頚椎(アトラス)を正しい位置に戻すことが必要不可欠と云えるのです。

第一頚椎(アトラス)の調整には専門性が要求され、専門家による施術が必要です。

当院では一般的なカイロプラクティックでは行えない第一頚椎にアプローチして、痛みや症状を解決するための根本的な施術をすることができるのです。

ありがたいことに病院や他の整体院・カイロプラクティックに通い続けても、なかなか改善しない、治らない、という患者様に選ばれて、多くの感謝のお言葉を頂いております。
色々な治療や施術を受けても治らないと諦めている方が沢山いますが、当院に来院の後、実際には簡単に改善してしまうケースを沢山見てきました。

②アトラスオーソゴナルカイロプラクティックの第一人者の施術が受けられます

院長は、日本におけるアトラスオーソゴナルカイロプラクティックの第一人者。AOCRA(アトラスオーソゴナルカイロプラクティックリサーチ協会)の会長であり、頚椎の専門家を育成するスクールであるJUCCA(日本上部頚椎カイロプラクティックアカデミー)を開校し学院長として20年以上の歴史があります。

患者様利益の為、アトラスオーソゴナルカイロプラクティックを広める為に心血を注いで参りました。

全国にスペシャリストを輩出し、社会貢献したいとの思いで現在に至ります。

これからも、卒業生のレベルアップに努力を重ね、皆様のお役に立てる施術者として成長するよう教育して参ります。

また、私自身が進化を続け、皆様の大きな期待に応え続けて行きたいと願っております。

③ 創業31年、5万人以上の患者様の施術実績

1991年の開院以来、延べ5万人以上の患者様に支持されスキルを磨いて参りました。

2008年から6年間アメリカにて臨床研究を発表するなど、日本のカイロプラクティックをリードしてまいりました。

整体院・カイロプラクティック業界が商業化していることや、誰もが根本施術を掲げているにも関わらず、施術効果や患者様本意とかけ離れていることが残念でなりません。

当院は、アトラスオーソゴナルカイロプラクティックの代表院として、研究を重ね進化を続けることをお約束いたします。

これからも、患者様の為、信頼できる専門技術を提供してまいります。

顎関節症でお悩みだった患者様から、たくさんの喜びの声を頂いております。

Y.Iさん 会社員

1.来院のきっかけ
ウェブサイト

2.主な病名と症状
顎関節症・顔のゆがみ
その他
歯科にてマウスピースによる治療

3.どのくらい改善しましたか?
開閉時の痛みは残っているが、開閉時にバキバキ音がしていたのが全くなくなった。また、あごのズレのような感覚と痛みがなくなった。

4.治療を受けての感想
正直なところ、歯科での治療がうまくいかずワラにもすがる思いでした。
毎朝食事時の不快音がなくなり、短期間でこれだけ改善するとは驚き嬉しく思っています。
あわせて、肩こり、首こりも慶全されてきたので、こんなにも体が改善したことに驚いています。

Y.Sさん 主婦 50歳 女性

1.来院のきっかけ
ご紹介

2.主な病名と症状
顎関節症・顔のゆがみ

3.どのくらい改善しましたか?
固いものを食べても顎がガクガクしなくなった。
寝起きのガクガクもかなり減った。
大好きなフランスパンが躊躇なく食べることが出来てうれしい。

4.治療を受けての感想
体調の悪い時に治療を受けると治りが早いです。

新潟市 主婦 E.Mさん 37才 女性

顎関節症で大学病院の口腔外科に最初通院していました。マウスピースをつけるのがとても不快で、なかなか顎の痛みはとれない、口が開けづらいという症状は治りませんでした。そんな時、瀬賀カイロプラクティックセンターで改善したという話を聞き、なんだか半信半疑でしたが、ワラにもすがる思いでやってみることにしました。
始めは治療は涙が出る程痛くて、顔が壊れるのではないかと思うくらいでした。でも一晩明ける頃には、痛みが嘘のように引き、楽に口が開くようになりました。治療の痛みは一瞬で、その後は顎関節症を忘れてしまう快適な生活が待っています。
また、第二子の妊娠より7ヶ月で逆子になってしまいました。逆子体操やヨーガなどやっていましたが、瀬賀カイロプラクティックセンターでは、たった一回の治療で直ってしまいました。産科の主治医やヨーガの先生からもびっくりされ、どんな治療をしたのか尋ねられたくらいです。まさに、瀬賀先生は魔法使いのようだと思いました。逆子の治療は全く痛くありませんでした。お陰様で第二子は順調に出産することができ、本当に感謝しております。


銀座センター
〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目11-7
第2上原ビル2F 歌舞伎座脇
日比谷線[東銀座駅]3番出口から徒歩1分
TEL:03-3542-7707

銀座センター
〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目11-7 第2上原ビル2F 歌舞伎座脇
日比谷線[東銀座駅]3番出口から徒歩1分
TEL:03-3542-7707

受付時間▶午前10:00~14:00
     午後17:40~19:40
     (水曜日・土曜日は午前のみ)