MENU

院長紹介

プロフィール
院長: 瀬賀一(せがはじめ)

Global Atlas Orthogonist(称号)
 

1991年▶東京都新宿区早稲田にて最初の施術院を開院

1999 年▶ JUCCA(日本上部頚椎カイロプラクティックアカデミー)を開校し、アトラスオーソゴナルカイロプラクティックの普及を開始する

2000年▶ アトラスオーソゴナルインターナショナルディレクトリー

2001年▶ 韓国上部頚椎カイロプラクティック協会顧問

2001年▶ アトラスオーソゴナルと顎関節について研究をまとめ歯科医師が日本咬合学会に論文発表する

2002年▶ 韓国 朝鮮理工大学委嘱教授(2年間)

2008年▶ グローバルアトラスオーソゴニスト称号

2008年から6年間▶ アメリカのアトラスオーソゴナル学会にて講師として1時間の臨床研究の成果を講演する

2009年▶ AOCRA(アトラスオーソゴナルカイロプラクティックリサーチ協会)会長

※Dr.Roy Sweatが自身の研究機関SWEAT INSTITUTEに所属する公認協会として発足し、現在に至る

2013年▶ 第12回脳脊髄液減少症研究会(脳外科学会)にて、臨床例とその有効性を「むち打ち症を起因とする脳脊髄液減少症患者におけるアトラスオーソゴナルカイロプラクティックの有効性」と題して発表

・名古屋市立大学大学院医学研究科にて、脳脊髄液減少症研究会(脳外科学会)での発表

現在▶ 脳脊髄液減少症、子宮頚がんワクチン副反応などの難治性の高い患者の施術に携わる。

ご挨拶

私は、29歳の時に2tトラックに追突される事故に遇いました。

かなりの重傷で、事故直後から頭痛や吐き気やめまいといった症状で、その後も不整脈、自律神経失調症など後遺症に苦しみました。

いくつもの有名な整形外科や整体・カイロプラスティック、鍼灸院など様々な治療を試しましたが悪化を辿り十数年苦しむことになります。

その中でSweat先生のアトラスオーソゴナルカイロプラクティックと出会い、今日に至ります。

自身が苦しんだ経験が、この世界に入るきっかけですので、より患者様に寄り添えると感じています。

長い臨床経験からも、アトラス(第一頚椎)の重要性を実感しています。

諦めていた方の具合が良くなり健康で楽しい生活に戻れることは、私の最大の喜びです。

全国から当院にご来院いただき誠にありがとうございます。

信頼できる知識と専門技術を提供してまいります。

お役に立てれば幸いです。

歴史

 ※自動予約システムでご希望の時間が取れない場合は電話にてお問い合わせください。
sub_yoyaku sub_price

cta_letter.png

MAP

銀座センター
〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目11-7 第2上原ビル2F 歌舞伎座脇
日比谷線[東銀座駅]3番出口から徒歩1分
TEL:03-3542-7707

 

受付時間▶午前10:00~14:00

     午後17:40~19:40

     (土曜日は午前のみ)


© 2019 東京銀座の整体院「瀬賀カイロプラクティックセンター」 All rights reserved.