院長紹介

ごあいさつ

私は、29歳の時に2tトラックに追突される事故に遇いました。
かなりの重傷で、事故直後から頭痛や吐き気やめまいといった症状で、その後も不整脈、自律神経失調症など後遺症に苦しみました。
いくつもの有名な整形外科や整体・カイロプラスティック、鍼灸院など様々な治療を試しましたが悪化を辿り十数年苦しむことになります。その中で出会ったのがSweat先生のアトラスオーソゴナルカイロプラクティックで今日に至ります。
アトラスオーソゴナルは、カイロプラクティックのフィールドの中で最も優れたテクニックと言えます。
私のテーマは、テクニックの芸術性を高め患者様のお役に立つことです。
諦めていた方の具合が良くなり健康で楽しい生活に戻れることは、私の最大の喜びです。
全国から当院にご来院いただき誠にありがとうございます。
信頼できる知識と専門技術を提供してまいります。
お役に立てれば幸いです。

プロフィール

院長:瀬賀一(せがはじめ)
Global Atlas Orthogonist

1991年

東京都新宿区早稲田にて最初の施術院を開院

1999 年

JUCCA(日本上部頚椎カイロプラクティックアカデミー)を開校し、アトラスオーソゴナルカイロプラクティックの普及を開始する

2000年

アトラスオーソゴナルインターナショナルディレクトリー

2001年

韓国上部頚椎カイロプラクティック協会顧問

2001年

アトラスオーソゴナルと顎関節について研究をまとめ歯科医師が日本咬合学会に論文発表する

2002年

韓国 朝鮮理工大学委嘱教授(2年間)

2008年

グローバルアトラスオーソゴニスト称号

2008年から6年間

アメリカのアトラスオーソゴナル学会にてトータル360分の臨床研究をプレゼンテーション

2009年

AOCRA(アトラスオーソゴナルカイロプラクティックリサーチ協会)会長
※Dr.Roy Sweatが自身の研究機関SWEAT INSTITUTEに所属する公認協会として発足し、現在に至る

2012年

Dr.Sweatより感謝状を授かる

2013年

第12回脳脊髄液減少症研究会(脳外科学会)にて、臨床例とその有効性を「むち打ち症を起因とする脳脊髄液減少症患者におけるアトラスオーソゴナルカイロプラクティックの有効性」を発表

現在

脳脊髄液減少症、子宮頚がんワクチン副反応・脳神経を起因とする難治性の高い患者様の施術に携わる

歴史

診療カレンダー

※営業日以外でもお電話は繋がっておりますので、ご遠慮なくご予約下さい。

※メールでのお問合せは症状等のお問合せとなります。ご予約をご希望の場合は、自動予約システムをご利用いただくか、お電話にてご予約をお願い致します。

※予約のキャンセルは、必ずご連絡ください。キャンセル待ちの患者様のために必ずご連絡をお願いいたします。無断でのキャンセルの場合は、キャンセル料が発生する場合がございますのでご注意ください。

CONTACT / RESERVE

お問い合わせ・ご予約


電話予約受付 10:00~20:00

〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目11-7
第2上原ビル2F

【営業時間】
午前10:00~14:00
午後17:40~19:40
(土曜日は午前のみ)

「もっと知りたい」施術について

Atlas Orthogonal Chiropractic」施術について

アトラスオーソゴナルカイロプラクティックは、上部頚椎においてスリーリングを水平垂直に整えることを目的としています。

スリーリングとは、頭蓋骨の大後頭孔、第一頚椎(アトラス)の孔と第二頚椎の孔を指します。

第一頚椎(アトラス)の孔に対して頭蓋骨の孔が水平垂直であり、第一頚椎(アトラス)に対して第二頚椎の孔が水平垂直であれば人体の構造は正しい配列を保つことが出来、神経組織の機能は阻害されません。

アトラスオーソゴナルカイロプラクティックの目的は、水平な第一頚椎(アトラス)に対し頭蓋骨が垂直で第二頚椎以下の脊柱が垂直である状態をいいます。

この時、スリーリングは水平垂直でバランスの取れた状態が保たれ神経は人体を健康に保つ為、その機能を遺憾なく発揮出来るのです。

施術の為の検査

当院は、科学的で生体力学的な機能学上の信頼のおける検査法を用います。

頭蓋骨、第一頚椎(アトラス)、第二頚椎について生体力学的な要素を踏まえ、それぞれの関節機能の損失を実際の椎骨の動きと共に検出し、スリーリングの異常を確認します。

頭蓋骨、第一頚椎(アトラス)、第二頚椎の関節機能学上の失われた運動性はそのままスリーリングのミスアライメントを意味していて、神経組織への干渉として表れます。

立位・座位における椎骨の触診検査は生体力学上、大変重要なのです。

また、場合によってはレントゲンやMRI・CTと言った画像による病理における変化を施術前・施術後で比較し、アトラスオーソゴナルの有効性を確認することが重要です。

C5000による施術前・施術後の検査で毎回の施術を評価する

上部頚椎の施術における検査は、TytronC5000を使用し施術前・施術後の変化を確認することが必須となります。

TytronC5000はアメリカの上部頚椎を扱うカイロプラクターが最も多く使用する信頼のおける検査器です。

また、カイロプラクティックの創始者であるB.J.パーマー以来、揺るがぬ指標としてきた歴史があります。

C5000が施術後、グリーンのラインがブルーラインに限りなく近くストレートでなければなりません。

レントゲン上で施術後に変化が見られたとしてもC5000の施術後が上記のようでなければ信用の出来る結果とは言えません。

C5000のブルーライン上に施術後ストレートラインが立ち上がり左右の神経ラインがセンターにあればレントゲン上は常に正しい変化がもたらせたと言っても過言ではありません。

当院は、毎回の施術時に、神経における施術前・施術後の科学的変化を確認しながら施術が進みます。

TytronC5000による施術前・施術後の科学的変化の様子で、アジャストメントが貢献したかを確認することが重要となるのです。

施術結果が大事

当院の施術は初回から大きな効果を実感できます。

しかし稀に、個人差がありすぐに改善を感じられない場合もあります。

これは慢性している場合、アジャストメントは原因であって結果に繋がるまで時間がかかる場合があるからです。

しかし、時間の問題で必ず変化し改善して行きます。

期待を裏切ることなく、最善の結果を導き出します。

シンプル故に高度な技術(施術者に向けて)

アトラスオーソゴナルのプログラムを履修したからと言ってアジャストメントの完成とは言えません。

アトラスオーソゴナルカイロプラクティックは、第一頚椎(アトラス)一ヶ所をアジャストメントし全ての椎骨を変化させる高い技術力と芸術性が要求されます。

アトラスオーソゴナルカイロプラクティックは、あくまで偉大な芸術性が要求され、そのセンスとトレーニング、臨床経験において培われなければなりません。

これからアトラスオーソゴナルカイロプラクティックを学ぶ学生を含め、技術力を高める努力とセンスを磨き多くの臨床を経て芸術性を高めなければならないのです。

アトラスオーソゴナルのアジャストメントは、カイロプラクティックのフィールドの中で最も優れていますが、臨床の現場は常に困難に満ちていることを知らなければなりません。

アトラスオーソゴナルは大変シンプルなテクニックです。

しかしながら、シンプルであるが故にカイロプラクティックの中で高度な技術と芸術性が要求されます。

アトラスオーソゴナルの術者は常に謙虚に研究と上達の為の努力を怠ってはなりません。

患者様奉仕の為に向上し成長することを使命と矜持とし、あるべき姿として行きたいと思います。

・・・・・・・・・・

当院は、患者様に寄り添い最善の施術結果を導き出し誠実な施術を約束しています。


銀座センター
〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目11-7
第2上原ビル2F 歌舞伎座脇
日比谷線[東銀座駅]3番出口から徒歩1分
TEL:03-3542-7707

銀座センター
〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目11-7 第2上原ビル2F 歌舞伎座脇
日比谷線[東銀座駅]3番出口から徒歩1分
TEL:03-3542-7707

受付時間▶午前10:00~14:00
     午後17:40~19:40
     (水曜日・土曜日は午前のみ)